fx 景況感

外国為替市場で最も取引量の多い通貨は、米ドルとユーロだ。円はかつてに比べて地盤沈下が激しく、一種のローカル通貨になっている。そのため、日銀短観の結果がよかったとしても、米国やEUの経済指標が堅調だと、円は買われずに、米ドルやユーロの買いが旺盛になる傾向が見られる。

逆に、上値抵抗線の下降角度のほうが、下値支持線の角度よりも急で、三角形が下向きになっている場合(下降三角形または下降ウェッジ型)は下方向にブレイクする可能性が高いといえます。

正直がっかりしましたし、外貨預金で儲けるのは相当難しいんだなと実感しましたね。そんなわけで、fx 景況感手数料が安く、好きな時に手軽に運用できる「外貨ex」に集中して取引しているので、今のところ他の資産運用はまったくやっていません。

記憶に新しいところでは、2005年後半に、トリシエECB総裁による利上げ発言です。このときは、利上げ発言↓利下げ発言利上げ発言というように、総裁の発言は二転三転している状況で、それにつれてユーロも乱高下しました。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>